眺望抜群!高級感あるバーンリンパ レストラン

老舗レストランで宮廷料理を味わおう

トムヤムラーメン、ガパオライス、グリーンカレー、マサマンカレー!パクチーに至っては専門店もある程、タイ料理っていまや日本国内でも気軽に食べらるし、店舗数も多い人気料理。とは言え、タイ旅行では、本場でタイ料理を食べるのが楽しみに!という方も沢山いるでしょう。そして、プーケットと言えば、やっぱシーフード!プリプリの海老を使ったトムヤムクンスープを食べてみたい。豪快にロブスターを食べてみたい。等々。プーケット島内どこでも、シーフードの美味しい店は、ひしめいております。それでは、おすすめシーフード店のご案内~!と、行きそうな所ですが、実は、ここでご紹介したいのは、宮廷料理!なんですー。

何故、宮廷料理レストラン?

それは、宮廷料理を出すお店は数多くないからなんです。冒頭で触れたように日本にも沢山のタイ料理の店があり、プーケット内も、シーフード料理を含め、至る所にあるので、タイ滞在中に一般的なタイ料理を食べる機会は多いのではと思います。なので、一味違ったタイ料理のお店を紹介したいのです。
それがこちら!

バーンリンパ(Baan Rim Pa)。プーケットでは、古くからあり、長年愛されている高級レストランです。店舗は、元からあるパトンビーチ北のダイアモンドクリフホテル向かいの店と、カリム・ベイ店の2店。どちらの店も1番の特徴は、ビーチに面した美しいロケーション!パトンビーチとカリム湾が目の前に広がる、パノラミックビュー。夕方には、なんとも美しい空の色と海のコンビネーションが楽しめます。夕陽を眺めながらカクテル。なんていうのも最高ですね!

お店は、チーク材と細かいタイ様式の彫刻が優雅で落ち着いた雰囲気。オープンエアという点も開放感があり、南国らしさが溢れています。

バーンリンパ タイ宮廷料理のレストランでの贅沢ディナーは、かつて宮廷でのみ味わうことが出来たという特別なもの。タイ料理というと思い浮かぶ、ワイルド感いっぱいの味付けや大胆な盛り付けとは異なり、繊細な味と盛り付け、装飾が特徴です。

店内は、おさえた照明がロマンティック。それもあって、夜になると海は見えないけれど、漆黒の海の向こうに、パトンビーチの灯りがキラキラと映えて綺麗です。また、レストランの下にある大きい岩に波が砕ける音、潮風がなんとも素敵!南国の夜特有のゆったりとした時間が流れています。まさに、アクティブなパトンビーチ近くとは思えない、別世界。お店に一歩入ると、誰もが「わぁー」と思わず声にしてしまう、エレガントな世界です。

ワイワイ、ガヤガヤといただく食事も楽しいけど、一晩は、ちょっとドレスアップして、優雅に豪華なディナーを楽しんではいかがでしょう。もし、特別な記念日のディナーでしたら、絶対におすすめですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加