ロケーション最高!プーケットのルーフトップバーでChill Chill

アジア度満点のローカル店で汗かきながらタイ料理を堪能するってタイ旅行の醍醐味!でも、リゾート地では、ちょっとお洒落して雰囲気の良い場所で夜を楽しみたい。できれば南国情緒いっぱいの所なら最高!というのもありますよね。そんな希望にピッタリな場所があるのでご紹介したいと思います。場所は便利なパトンビーチ。

プーケットの人気のルーフトップバーをリゾートで

タイではルーフトップバーが大人気。バンコクでは高層ホテルの屋上に次々とルーフトップバーがオープンされています。都会のきらめく灯りを見下ろすロマンチックなムードと屋外の涼しさに惹き付けられ、多くのタイ人、観光客に人気で盛況。そんな訳でルーフトップバーというと都会のバーというイメージもあり。

が!
プーケットにもあるんです。パトンビーチに数年前からルーフトップバーを持つホテルが。ルーフトップバーの人気をいち早く取り入れた素晴らしい察知能力。

その名はThe KEE Resort & Spa

パトンビーチの中心、繁華街のバングラー通りという好立地

場所はパトンビーチの中心バングラー通りからほんの少し入った所。しかも、ビーチ側からもアクセスできる最高に便利なロケーション。バーの名はKee Sky Lounge(キー スカイ ラウンジ)。ホテルの6階、屋上にあります。ええ、6階!? と侮るべからず。パトンのビーチ沿いには高層の建物はないので、6階でも十分高くて辺りを見晴らせるんです。

!夜の潮風と開放的なムードほど最高なものなし!
パトンビーチといえば、賑やかなバーが連なるナイトライフの中心地。それはそれで楽しいけれど、基本爆音なのでお喋りもままならないのがちょっと。。。

そんな中、キー スカイ ラウンジは、落ち着いたムードの中でお喋りとドリンクを十分に楽しめる嬉しいベニュー。屋外ならではの夜の潮風と開放的なムードは、「ああ、至福~!」と誰にも言わせてしまう最高のシチュエーションです。

楽しんで欲しいから「飲み放題プラン」

そんなキー スカイ ラウンジに嬉しいプランあり。カクテルやローカルビールが2時間飲み放題!スナックも3種類ついてるし、これって断然お得!しかも、予約の人のみが入場できるアッパーフロアが利用可。ここはゆったりとしたサンベットが置いてあるんです。足を伸ばしてゆったりと♪くつろげ度最高は言うまでもなく。がっつり飲める人にはかなり嬉しいし♪ 余り飲めない人にもこのリラックスムードはたまらない。という、皆得なプランです。しかも、写真映えも抜群なのが女子旅に嬉しい限り。

せっかくのルーフトップなのでローシーズンの天気が心配。。。

1年の半分が雨季であるプーケット。せっかくのルーフトップも雨が降ってしまうと雰囲気が台無しですね。このSky Loungeも雨が降ると屋外は閉鎖され、屋内部分のみでの利用となります。足を伸ばしてゆったり、、、というわけには行きませんが、飲み放題メニューやスナック類はそのままですので、飲み放題全メニュー制覇!で雨宿りです。

屋内の様子。天候だけは運頼み!

プーケット一の繁華街、バングラロードへもワンステップ!「次」への移行もイージー

キー スカイ ラウンジはパトンビーチのど真ん中。ナイトライフの中心バングラー通りからバーストリートを抜けて直ぐという立地。お喋りとドリンクでテンションが上がって来たら、そのままバングラーのクラブへ出向くのもアリ。バングラー通りのクラブのお客さんは外国人が95%。アジアらしからぬ雰囲気で異国情緒満点。夜中遅くまで盛り上がっているので、エネルギーがあったら是非トライしてみてください。

ルーフトップバーからの美しいサンセット

2019年5月追記!ついにサンセットタイムから予約可能に!

19:00からの予約受付のみだった飲み放題プラン、皆様からの熱い要望にお応えしてついにサンセットタイムから予約ができるようになりました!飲み放題開始時間は17:30から選択可能です。プーケットのサンセットタイムは季節によって18:00 – 18:30の幅があります。参加日のサンセット時間は、「日程 Sunset Phuket(例:2019/10/31 Sunset Phuket)」等の検索キーワードで簡単に調べることができるので、参加を検討している日のサンセット時間を事前に調べてから予約しましょう!

キー スカイ ラウンジ「飲み放題プラン」の詳細とお申込みはこちらから♪

サンベットが並ぶアッパーフロアはスカイラウンジの中でも一段高い場所に位置する完全予約制フロア。一般のお客様は入場できないので飲み放題の2時間をゆっくりと寛ぐ事ができます。是非ご予約の上ご参加ください!

人気ルーフトップバー スカイラウンジでの飲み放題プラン 詳細

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加